「ましろのおと」13巻感想・ネタバレ~観客を楽しませる演奏に特化した大河

ましろのおと

「ましろのおと」~13巻ポイント

最後に

青森の実家に帰った雪は、若菜に自分勝手に弾いたら祖父の音は無くなるか?と問います。

若菜は雪が前に出て音を鳴らしても祖父の音が基礎になっている。
反対に若菜も「祖父の音は自分の中にないか?」と聞きますが雪はいると答えます。

松悟郎の音で育った二人ですが、梅子は松悟郎の音をほしがっていますが孫二人は自分たちなりに松悟郎の音を考えているという事ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。したっけね!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ましろのおと 13巻

ましろのおと 13巻

[著]羅川真里茂

ebookjapan
会員登録【最大6回】漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
試し読み約9,000冊の漫画が無料の「読み放題」コーナー
ポイント購入金額に応じてお得なTポイントがたまる
お得なクーポン曜日限定でもらえる限定クーポンなどセールが豊富

まんが王国
会員登録無料(LINEなら最短5秒)
試し読み漫画を一冊まるごと無料で読める「じっくり試し読み」が充実
ポイントポイント購入還元【最大30%】
月額コース特典月額コース登録で豪華な特典あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました