「推しが隣で授業に集中できない」最新3巻感想~咲子とまーやは大人+世間の偏見からちーちゃんを守る!

推しが隣で授業に集中できない!

こんにちわ、歴史と漫画好き。
いのまんです。

今回は、コミックDAYSで連載中の「推しが隣で授業に集中できない」3巻を読んだ感想です。

先生にアイドル活動を反対されたちーちゃん、活動を通じて失ってしまう事もあるかもしれない!

けれど、今しかできない事(アイドル)がある!
今できる事を一緒に共感してくれる友達がいるを確認できたから、アイドル続けます!

推しのアイドルが、”友達”に変わった瞬間に注目!

スポンサーリンク

「推しが隣で授業に集中できない」~作品詳細

作者:原作・筒井テツ
   作画・菅原こゆび

出版社:講談社

ジャンル:日常・青春

発行巻数:既刊3巻(2021年9月現在)

スポンサーリンク

「推しが隣で授業に集中できない」~あらすじ

クラスメイトの田中くんは、(咲子とまーやに煽られて)千尋(ちーちゃん)への告白を決行。

「どうせ俺みたいな地味なヤツ、眼中にないだろ…」と、玉砕覚悟で挑んだ田中だったが、千尋のリアクションはまさかの赤面ーー!?

千尋は推しアイドルだけど、友達でもある咲子の胸中はいかに!写真部の活動、夏服デビュー、水泳の授業などなど、推しの魅力がたっぷり詰まった3巻!

「推しが隣で授業に集中できない」~感想

アイドル辞める気はありませんか?

さて今回は1学期の期末試験もありましたが、ちーちゃんは仕事が忙しくて別日にテストを受ける事に。
あまり成績の良くない千尋は、今回2教科赤点を取ってしまいます。

仕事も忙しかったり勉強時間を確保できない事から、学校とアイドル活動を両立できるのか不安に感じている様子。

そんな迷いというか弱気になった矢先に、担任の先生との2者面談がありました。

担任の先生は女性ですが、実は千尋のアイドル活動に関してはっきりと反対しています。

「アイドル辞める気はありませんか?」

まだ若年の立場で大衆に晒される必要は無い事や、言われの無い事も言われるかのうせいをきぐしての意見。
そして、これから学生時代に経験できるであろう学友との何気ないひと時を惜しんでの反対です。

普通科の高校で、普通の生徒と接している先生にとってはこれが当たり前の反応ですよね。

普通の生徒である咲子とまーやは、進学・就職という現実的な未来を想定して面談ができます。

ある一定の経験を積んだ大人であれば、アイドル・芸能活動がどれほどリスキーな事かを知っています。
アイドルは定年も早く、芸能界の激しい競争社会の中に身を置く事を考えると、まだ取り返しのつくうちに普通の高校生として生活をして進学・就職を促すのは当たり前の事ですよね。

千尋も、そのように言われてすごく悩んでしまいます。
実は先生が言ったことは中学時代にあった出来事で、アイドル活動をすることで同級生には距離を取られて妬みやっかみも受けています。

けど、学校での思い出がそんな思い出で終わりたくないという千尋の想いがあり、高校でも普通科に通って普通の友達作りをしようと賭けています。

その面談の様子を盗み見ていた咲子とまーやは、翌日千尋を視聴覚室に連れて行きます。

そして、1学期に咲子が撮った写真のスライドショーを流します。
それは先生に言われた、友人たちとのかけがえのない時間が収まった写真。

自分の思い描いた高校生活を送れている事、そして自分の事を理解してくれる”友人”ができた事が千尋の勇気になりましたね!

千尋は担任の所へ行って、アイドルを続けていく事をはっきりと告げています。

その事をあっさりと了解する担任ですが、実は彼女の元に咲子とまーやが来て「アイドル活動を続けれるように協力してほしい」と言われています。

もちろん、その事だけが理由では無いでしょうけどね。
先生の気持ちがよくわかります。

尊重すべきは、先生としての意思では無くて本人がどうしたいのか?という意志でしたからね。
その部分がよく伝わる話でした!

大人は子供を守らなくていけない!
大きく道を踏み外していないのであれば、先生には学校生活をできるだけ思う存分に手助けしてほしいですね!

クールJK・まーや

千尋にデレデレ、咲子にツンツンなツンデレJK・まーやは、バイト先では仕事のできるクールJKで通っているようです。

目的のためには脇目もふらずにいるまーやっぽい評価です!

そして咲子には厳しいまーや、今回も咲子以外にもKYな雰囲気を出してます。

春シャンのNEWアルバムに関して、クラスメートのライトな感想に対して本物のファンとはこうゆう事だとばかりに熱弁をし始めます。
咲子的には頭では考えていたけど、口には出せない事をまーやが口に出して行ってしまったという事ですね。

千尋が咲子と仲良い事にやきもちを焼いて咲子に冷たくしているわけではなく、人づきあい自体が苦手といった感じです。

けど、1・2巻では咲子にツンツンばかりだったまーやも3巻では一緒に、ちーちゃん専用テスト対策ノートを作成したり、会話は無くてもお昼を一緒に食べたりと壁は着実に低くなっています。

是非ともまーやの性格の掘り下げを行ってほしいですね!

そして咲子と仲良くなってほしいですね!

最後に 

アイドル・ちーちゃんが、何もリスクなくのほほんとアイドル活動をしていないという事がわかった巻でした。

自分はもうおじさんなので、若い世代を守る役目があります!
漫画の中ではありますが、春シャンのちーちゃんは応援したくなる子です!

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
したっけね!

推しが隣で授業に集中できない! 3巻

推しが隣で授業に集中できない! 3巻

[著]筒井テツ : 菅原こゆび

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

ebookjapan
会員登録【最大6回】漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
試し読み約9,000冊の漫画が無料の「読み放題」コーナー
ポイント購入金額に応じてお得なTポイントがたまる
お得なクーポン曜日限定でもらえる限定クーポンなどセールが豊富

まんが王国
会員登録無料(LINEなら最短5秒)
試し読み漫画を一冊まるごと無料で読める「じっくり試し読み」が充実
ポイントポイント購入還元【最大30%】
月額コース特典月額コース登録で豪華な特典あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました