スポンサーリンク
漫画 

木を隠すには森!時行、京へ上る「逃げ上手の若君」6巻感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は、「逃げ上手の若君」を6巻読んだ感想を書いていきます。 さすが人気作家、歴史の影薄い人物も特徴を作ってデフォルメするのがめっちゃ上手ですね。 子供にも伝わりやすくしようと...
小説

【随時更新】小説ライトファンが選んだ面白い小説

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 漫画ブログをやっていますが、実は小説もちょっと読みます。 ライトな小説ファンなので読みやすいのだったりが多いので、これから読んでみたいと思っている方にちょうど良いと思います! ...
アニメ

烏妃の秘密がえげつなさ過ぎて寒気がする「後宮の鳥」2巻感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は、白川紺子先生の「後宮の鳥」2巻を読んだ感想です。 わかりにくくて読みにくい!鳥漣娘娘意味わからん!! 漢字の読み方も通常とは異なるし、~~宮も似たようなものが多いし、夫...
新刊情報

5月漫画振り返り!2022年6月気になる新刊情報!

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 忙しい中「いのまん、日々修正中」をご拝読しに来ていただきありがとうございます! 5月はどんな月でしたか?いのまんは良い事も悪い事もある5月で非常に疲れる月でしたよ、まったく笑 ...
小学館系

天皇は形骸化され軍の暴走が止まらない!「昭和天皇物語」10巻感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は「昭和天皇物語」10巻を読んだ感想です。 昭和8年(1933年)、1929年に世界恐慌が起こり世界的に深刻な経済恐慌が起こる中で日本は経済の立て直しを満州という外国の地へと目を...
KADOKAWA

何が起こるかわからない現象を交えた日常漫画「神さまがまちガえる」1巻感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は「やがて君になる」の作者・仲谷鳰先生の新作「神さまがまちガえる」1巻を読んだ感想です。 前作の「やがて君になる」は見事な心理描写で終始心に残る名作でしたので、今回も期待値が高く...
漫画 

土方歳三ファンには一読の価値あり!「黒龍の棺」感想・紹介

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は北方謙三先生の「黒龍の棺」に関しての簡単な紹介です。 「黒龍の棺」~作品紹介 作者:北方謙三 出版社:幻冬舎 ジャンル:歴史 発行巻数;上・下巻 ...
アニメ

徐々に暴かれる影の倒し方に緊張が止まらない!アニメ「サマータイムレンダ」7話感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです! 今回はジャンプ+で連載されていたアニメ「サマータイムレンダ」7話"仇敵"の感想です。 前回はひづるの推理パート、そしてようやく慎平とひづるが手を取り合う事になって”影”討伐へ! ...
漫画 

ネタバレしない!「赤ちゃんと僕」は色あせる事の無い泣ける名作である

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は羅川真理茂先生の「赤ちゃんと僕」について感想・レビュー書いていきます。 「赤ちゃんと僕」を検索すると最終回ネタバレが上位にあがります。他人の投稿を否定するつもりはありませんが、...
アニメ

夜伽をしない妃は怪しい術で怪異を説く「後宮の鳥」1巻感想

こんにちわ、歴史と漫画好き。いのまんです。 今回は、白川紺子先生の「後宮の鳥」(こうきゅうのからす)を読んだ感想です。 「後宮に住み妃の立場なのに夜伽はしない」 設定だけ聞くとそんなに不思議はないと言うか、ありそうな設定...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました