「ましろのおと」11巻感想・ネタバレ~全国民謡大会・東ノ宮杯が開幕する

ましろのおと

こんにちわ、歴史と漫画好き。
いのまんです。

今回は、羅川真理茂先生の「ましろのおと」11巻の感想を書いていきます。

※最後にポイントを箇条書きしています。お急ぎの方はそちらをどうぞ。

スポンサーリンク

「ましろのおと」~作品詳細

作者:羅川真理茂

出版社:講談社

ジャンル:仕事・青春・音楽

前巻あらすじ

麻仁は民謡全国大会の伴奏者として雪をつけたいと考えていたが、その事を大河に一度拒否されるが、直接雪に言い伴奏者として大会出場をすることに。

しかし、雪は様々な音がある事を知りスランプに陥っていた事もあり、結局麻仁と会わない状況が続く。

勝手に麻仁の唄付けをしている事知った大河は雪を店から追い出す。

なぜ追い出されたのか?その答えを考えながら、寒空の中で店裏で正座をする雪。

大河は、雪の音は「人を変える側」の人間で、無自覚に人を壊すような奏者になってほしくないと伝えます。

雪は麻仁の声を聞き、麻仁の良い所を知る事で伴奏者としてどのように弾くかを学んで知ることが出来た。

スポンサーリンク

「ましろのおと」~11巻あらすじ

雪(せつ)、麻仁(まに)――東ノ宮杯民謡全国大会へ!! 

対するは、全国から集った強豪たちと、大会専属伴奏者・神木清流(かみき・せいりゅう)!!

 優勝の栄冠を勝ち取るのは、果たして――!?

東ノ宮杯前に本音を言う麻仁

去年の東ノ宮杯の優勝者、壬生悠理と同じ営業先になった麻仁は、壬生悠理のプライドの高さ見せつけられます。

去年、壬生悠理は神木清流を伴奏者として連れてきました。
麻仁はその事でドーピングして優勝したと思ってしまいますが、そうゆう風に考えてしまう自分に嫌気がさしています。

麻仁はその事を正直に雪に伝えます。

雪の事をドーピングだと思っている。

唄は下手だし、声は変だし、節回しも変。

けど、唄が好き。唄う事が好き。
澤村君は私の唄が嫌いかもしれないけど、自分の足りない所を雪の伴奏で埋めてほしい!

大会前にかなりナーバスになってる麻仁さんの本音トークは、自分の「好き」と言う気持ちを引っ張っていってほしいという事でした。

以前、雪は大河に「麻仁の声に惚れていない」と言われましたが、自分の事でいっぱいいっぱいだった頃の雪とは違います。

改めて聞いた麻仁の声は「伸びがあり艶のある声で大好きです!」と雪は答えます。

「麻仁の個性を生かした伴奏をします」と言った雪は、津軽三味線愛好会での団体戦の時とは全然違います!

以前だったら「合わせてやる」と上から言っていた雰囲気で本番直前も「俺に最高の演奏をさせたかったら、俺を引っ張る気でやれ」海人や雷に言っていたのがと言った自己中心的な考え方をしていました。

けど「竹の華」、麻仁への唄付けの練習で人に合わせることを覚えたという事でしょう。

東ノ宮杯開催

大会当日麻仁は運が悪い日で黒猫・カラスのお出迎えに電車の遅延と散々な目にあって会場に到着します。

一方雪は、桜ちゃんのパンティを見れたり、お金を拾ったりでついてる予感がしています。

今回の大会は神木清流が大会専属伴奏を務めており、伴奏の依頼が殺到していますが、清流は相手の力量に合わせた演奏しかしません。

神木清流曰く、唄付けは「伴奏者が音を支配するか」「歌い手が音を支配するか」のどちらかだと言いますが、雪はどちらもピンとこない様子。

雪、耕輔に直接優しいフリして意地悪でおっかない人だと言います。

対して緒方洸輔からは、「無自覚で無礼で人を巻き込む怖い人」だと言われます。

人を変える音だとは大河も言っていたが、洸輔が感じた印象とは全然違います。
洸輔はどんどん、自分の中の闇を見せてきて怖いです。

弘前大会で雪と当たるみたい、洸輔・総一・雪の三つ巴の戦いが決定。

本番直前ネガティブな麻仁

「津軽あいや節」を唄いたいと前々から言っていた麻仁だが、運が悪い日が的中して苦手な「津軽三下り」になってしまいます。

大会に不向きな「津軽三下り」を引いた事で中々集中できず、パニック状態になってしまった麻仁。

しかし、京は運がいいと言っていた雪の音はクリアに響き「麻仁さんを生かします」と言う気持ちが音に音に乗り移り麻仁の視界が開くと伸びのある煌びやかな「津軽三下り」を披露することが出来ました。

審査員からも久々に艶のある「津軽三下り」を聴けたと評価されます

竹なれば
割って見せたい
私の心
中に曇の
無い私

津軽三下がり歌詞

たったこれだけの歌詞で3分半を超えるように歌いあげる「津軽三下り」。ぜひ聞いてみて。

誰の目から見ても素晴らしい唄だった麻仁は、見事東ノ宮杯優勝を果たします。

「ましろのおと」~11巻ポイント

  • 営業に出ている魔仁は、前年優勝者の壬生悠里と営業一緒なり、プライドの高さを見せつけられる
  • 壬生悠理に対して、神木清流でドーピングをして優勝したと思っている自分に嫌気がさす
  • 雪に伴奏をドーピングだと思い、自分は唄が下手だから雪の伴奏で足りない部分を埋めて貰おうとしている事を正直に言う
  • 伴奏は魔仁さんの個性を生かす養分になると宣言して、大会前に2人の関係性が更に理解が深まった
  • 雪は若菜に手紙で、若菜の唄付けを聞いてこなかった事を後悔してると伝える
  • 神木清流に伴奏の依頼殺到の中、若手の後藤未莉愛が会場を沸かす歌声を披露
  • 津軽あいや節を唄いたい麻仁だが苦手な三下りに
  • 審査員からも久々に艶のある三下りを聴けたと評されるほどに歌い上げることに成功
  • 見事東ノ宮杯優勝する
  • 雪は緒方洸輔から無自覚で無礼で人を巻き込む怖い人だと言われる
  • 若菜は総一に、雪に対して遠慮しすぎと言われるが、若菜は雪の才能とぶつかりたくない
  • 母も雪の父も雪の才能に期待してるけど、若菜も松吾郎の音を聞いて育った孫である

最後に

若菜は相変わらず、競い合おうとせず雪の陰に隠れていますね。

雪の中の松吾郎があるように、若菜の中にも松吾郎の音があるはず。

今後の若菜ちゃんに注目です。

最後までお読みいただきありがとうございました。したっけね!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ましろのおと 11巻

ましろのおと 11巻

[著]羅川真里茂

ebookjapan
会員登録【最大6回】漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
試し読み約9,000冊の漫画が無料の「読み放題」コーナー
ポイント購入金額に応じてお得なTポイントがたまる
お得なクーポン曜日限定でもらえる限定クーポンなどセールが豊富

まんが王国
会員登録無料(LINEなら最短5秒)
試し読み漫画を一冊まるごと無料で読める「じっくり試し読み」が充実
ポイントポイント購入還元【最大30%】
月額コース特典月額コース登録で豪華な特典あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました