烏妃とは?鳥とは?鳥漣娘娘とは何者なのか?「後宮の鳥」解説

アニメ

こんにちは、歴史と漫画好き。
いのまんです。

今回は「後宮の鳥」の最重要項目である烏妃と鳥漣娘娘についてです。

烏妃とは作中の定義として「夜伽をしない妃」とされていて、名目上は皇帝の奥さんだけど妃としての役割はしない後宮内でも謎の人物です。

烏妃、鳥(からす)、鳥漣娘娘(ウーレンニャンニャン)といった馴染の無い名称が続いて混乱しそうになるので、名称と存在を簡単に解説していきます。

※ネタバレがありますのでご注意ください

スポンサーリンク

「後宮の烏」~作品詳細

作者:白川紺子

出版社:集英社

ジャンル:中華ファンタジー

発行巻数:全7巻(2022年5月現在)

スポンサーリンク

後宮に暮らす謎の妃

宵国の後宮奥深くある夜明宮、烏妃と呼ばれる夜伽をすることのない特別な妃が住んでいるのだがその詳しい存在を知る者はいません。

その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいます。
彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという謎に包まれた存在が、夜明宮の烏妃と呼ばれています。

現烏妃・寿雪

「後宮の烏」の主人公の寿雪、黒い髪に漆黒の衣服で年の頃は15・6歳の頃。

生まれは妓女の子で奴隷同然に育てられていたところを、先代の烏妃・麗嬢に助けられて後宮で過ごすこととなります。

烏妃の姿が老婆であったり少女であったりするのはこれが一端で、時代を超えて連綿と受け継がれていくのが烏妃という存在です。

受け継がれていくとあるよう、寿雪は先代烏妃である麗嬢から烏妃の名と能力を受け継いでいます。

鳥漣娘娘とは何なのか?

烏妃が受け継いできたもの、それは

”鳥の半身”

楽宮にいた女神で、鳥漣娘娘と呼ばれる存在です。

作中に登場する鳥漣娘娘(ウーレンニャンニャン)と鳥は同じ存在で、顔は女性・体は化鳥という異形の姿をしております。

1000年前に鼇の神という神との戦いによって、鳥の半身は界島近くの海底火山に、もう半身を初代烏妃・香薔によって閉じこめられます。、
杼の王、香薔に騙され、半分に裂かれしまったのが烏漣娘娘です。。

女神とされていますが、それは人間界で定義付けられただけで、何事も対応できるような神とは違い人間とは違う力を持っているに過ぎないと本人たちは話しています。

体の実態を持たずに魂(のような存在)のため、人間界にいるときは何かを依り代としていて烏妃の中にいるのもそのためです。

作中に登場する”鳥漣娘娘”の兄である”梟”は、泥で作った人型の人形を依り代にして烏妃に接触を図ったりしてきます。

ただすごい力を持っていたりする割には、話すとおバカというかアホの子というかそんな雰囲気があるのが憎めなかったりもします。

烏妃が人では使用できない謎の力を使えるのは、鳥漣娘娘を閉じこめている恩恵と言えます。

烏妃の知られざる役目

烏妃とは鳥漣娘娘を逃さない為の番人のような存在、烏漣娘娘を閉じ込める籠となっています。

連綿と受け継がれてきた”烏妃”という名だが、これまでで136人の烏妃が存在して今いた。
おそらく、老婆だったり少女だったりしているというのはこの入れ替わりによる年齢差も加味されての噂なんでしょう。

鳥漣娘娘の力によって謎の力が使える烏妃ですが、実は大きな副作用があります。

それは、”新月の夜に烏妃の体から出ようと暴れ回る”

この時の衝撃は耐えるに堪え難しという様子で、烏妃となった者たちを苦しめては短命となった原因です。

寿雪のような妓女の子が後宮に入れたのには、命を削らなければならなく命の軽い存在の者をあてがわれていたという事です。

その事を知らされても、「今よりもマシ」と言えるような状況の者ばかりを選んできているのが、何とも言えない歴史の醜さが見えます。

烏妃が後宮から出ないのには大きな理由があります。
呪いと呼ぶにふさわしい結界が張ってあるため、烏妃は後宮の外に出ることが出来ないのです。

これが先代烏妃が仕組んだ最大の呪いです。

全ての元凶

烏妃・鳥漣娘娘は完全に被害者と言えるでしょう

全ての元凶は初代烏妃・香薔です。

彼女も初めは奴隷として生きる少女で、鳥漣娘娘を助けた所から欒王朝の初代皇帝・欒夕の目に留まります。

香薔は欒夕を愛して愛して愛していた、現代で言えばメンヘラ女性と言うにふさわしい愛情を欒夕に向けていました。

しかし欒夕は重過ぎる愛情と、鳥漣娘娘の力を恐れて香薔を遠ざけます。

こちらに振り向いてもらうために香薔は、烏妃という鳥漣娘娘を閉じ込める人型の檻を作って、烏妃が逃げられないように自分の9本の指を使って結界を張ります。

香薔は死後、どんな罪人よりも重い刑、”〇をバラされて塩漬け”にされています。

鳥漣娘娘と烏妃の悲劇と呼べる関係性は、初代烏妃の重過ぎる恋慕から始まっていたのでした。

最後に

後宮の烏は同一の言葉や存在が多数と登場するので、一個にまとめると若干読みやすくなります。

鳥漣娘娘の性格があんなにぶっ飛んだ性格だとは予想しなかったです。
鼇の神と争った原因も、めっちゃくだらない事で起こしたけんかに感じてします。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
したっけね!

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

ebookjapan
会員登録【最大6回】漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
試し読み約9,000冊の漫画が無料の「読み放題」コーナー
ポイント購入金額に応じてお得なTポイントがたまる
お得なクーポン曜日限定でもらえる限定クーポンなどセールが豊富

まんが王国
会員登録無料(LINEなら最短5秒)
試し読み漫画を一冊まるごと無料で読める「じっくり試し読み」が充実
ポイントポイント購入還元【最大30%】
月額コース特典月額コース登録で豪華な特典あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました